ロゴ

サンルーム DE 花粉症対策

花粉、PM2.5黄砂等
侵入をカット

雨の日や夜間でも
洗濯物が干せる

空気清浄機や乾燥機の
使用ができる

遊び場・ガーデニング等
多目的に使える

サンルームとテラス囲い
違いとメリット

どちらも自然光を妨げずにお庭側に生活・活動空間を広げられ
洗濯物を干すスペース、お子様の遊びスペースなどの多目的利用ができる点は同じです。

サンルーム/ガーデンルーム とは

太陽光を取り込むことができるよう、天井や壁がガラス張りになっている小部屋を指します。
基礎をしっかりとコンクリートで打ち込んだりと、「取り付け」よりは「増築」という感覚に近い施工を行い、セカンドリビングとしての使用も可能な気密性と水密性を兼ね備えています。

LIXIL:ガーデンルームGF / ココマ / 暖蘭物語 / ジーマ など
三協アルミ:X.スタイル(クロス.スタイル) / ハピーナリラ など

テラス囲い とは

ポリカーボネート屋根の「テラス」として販売されている製品に、オプションでガラス壁などを取り付けたものを指します。
サンルームと比べると簡易な作りのためお部屋として過ごすことはおすすめしませんが、雨風を防ぐには影響ありません。
オプションが幅広い製品が多く、カスタム次第で希望に沿った効果を実現します。

LIXIL:サニージュ / スピーネストックヤード / 囲い上手 など
三協アルミ:晴れもようWith など

もう遅い?
花粉対策のサンルーム設置時期

九州地方の花粉 / PM2.5飛散時期

※参考:国土交通省 気象庁 HP 「黄砂観測日数の経年変化」 / 花粉症ナビ「花粉カレンダー」

2月から5月の集中期はもちろん、ほんのわずかな期間を除き年中飛散が確認されています。
集中期が始まる2月前半までに工事が完了していることが理想ですが
ご覧の通り年中何かしらの飛散があることからも「今から設置しても遅い」なんてことはありません。
プラン→ご契約→着工→完了までの期間は、ご依頼いただく内容や規模、時々のスケジュールで大きく変わります。
そういった点も加味すると「早ければ早いほどいい」のが実状です。

花粉・PM2.5におすすめ
サンルーム・ガーデンルーム・テラス囲い

晴れもようwith ( 三協アルミ )

テラス囲い


POINT
・花粉の侵入を防ぐ「フィルタード網戸」オプション
・風の流れ道を作り換気機能を強化した作り

ランドリーに特化したテラス囲いです。
花粉に特化した網戸オプションがあるため、飛散時期も風を通しながら花粉症対策を行うことができます。

サニージュ ( LIXIL )

テラス囲い


POINT
・風を取り込みやすい独自の開口部
・ニオイや有害物質を吸着軽減
 「エコカラットプラス」オプション

こちらもランドリーに特化したテラス囲いです。
花粉対策にはオプション壁材「エコカラットプラス」の使用がおすすめ。
湿度コントロール、気になるニオイや有害物質を吸着・軽減してくれます。
ペットルームなどでの使用もおすすめです。

写真の施工実績はこちら

この他 タイプ別サンルームの紹介はこちら



OTHERS

LIXIL お庭にGoToキャンペーン 2024春

イベントお知らせ【LIXIL 2024年春のキャンペーン】
2024年3月20日〜6月30日までのご契約が対象のLIXILキャンペーン紹介です。

サンルーム DE 花粉症対策

サンルーム・ガーデンルーム・テラス囲いの違いは?
飛散時期から見る設置時期は?
花粉症対策にピックアップしたおすすめのサンルーム商品をご紹介します。

LIXIL カーポートSC 事例特集

人気のカーポート「LIXIL カーポートSC」を使用した おすすめ施工事例をご紹介します。